<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

*************** 遊びにきてね ***************
QUILLINGCUBE
ホームページ

| - | - | - |
改めて感じるはさみの重要性
以前はさみについてこの日記でも書きましたが、最近何気にはさみを増やしました。
安く売っていたこともあり、
アルスコーポレーション株式会社さんのクラフトチョキ
を買ってみました。
以前から持っているはさみも切れ味はいいのでこれはこれで満足していたのですが、今回はさみを新たに買ってみてその違いに改めて驚かされました。
クラフトチョキはグリップが柔らかく、そしてかなり軽いんです。
なのでフリンジを作るときに顕著に感じたことなのですが、切込みをいれていくときのモチベーションに大きく差が出てくるのです。
(ちなみにフリンジはこのようなパーツです)


長いペーパーに1mm〜2mm幅でちょんちょんと切り込みをいれていくという作業は、最後になるとやはりだるいというかめんどうになってくるんですね。
《あと少しで終わる!!》という小さな目標があるからなんとか最後まで切り込みをいれることができるという感じなんです。
ところがクラフトチョキを使うとあまりにもさくさく切れるのと、軽いのでだるさが全く違うんです。
これで切ると《なーんだ、もうおしまいかー》と思うほどなんです。

おそらく以前から使っているはさみとクラフトチョキでは数グラム違うだけなんだと思うのですが、こんなちょっとの違いでここまで感じるストレスが変わるのかということに驚きました。
でもきっと重量だけではなくて、切れ味なども大きく関係してるんだと思いますが。

まさに「たかがはさみ、されどはさみ」だなと思いました。

皆さんもぜひいろんなはさみを試して、ご自分にぴったりのはさみを見つけてください。

JUGEMテーマ:クイリング


*************** 遊びにきてね ***************
QUILLINGCUBE
ホームページ

| comments(0) | trackbacks(0) | クイリング:ツール |
ちょっと変わったツールたち 〜ウェービングツール〜
GWも残りわずかになってきましたねムニョムニョ

今日はウェービングツールというものについて書きます。
ウェービングツールを使うと、ちょっとおもしろいパーツができあがります。
このツールは歯車が2つかみ合わさっているもので、そのかみ合った中にペーパーをとおして、ペーパーをぎざぎざにするものです。
ぎざぎざペーパーを使うとこんな感じです。

どうです、かなり印象が変わりますよね?
ツールによって、ぎざぎざの大きさが違いますので、いくつか買って違う大きさのぎざぎざを使うとよりいっそうおもしろい作品ができますよ。

JUGEMテーマ:クイリング


*************** 遊びにきてね ***************
QUILLINGCUBE
ホームページ

| comments(0) | trackbacks(0) | クイリング:ツール |
ちょっと変わったツールたち 〜フリンジャー〜
クイリングのパーツには「フリンジ」というものがあります。
こんな形をしています。

まるでお花のようですよね。
これはものすごく基本的な形で、この基本形からアレンジをしていくわけなんですが、ものすごくこまかい切込みが入っているのが見て取れると思います。
これ、はさみで手でひたすら切っていくのです。
《え!!めんどくさ!!》
と思われる方も多いでしょう。
それはやはり外国の人もそう思ったようで、「フリンジャー」という5人ぐらい出てきて戦いそうな名前のツールがあります(^▽^笑)
このツールを使うと、等間隔にものすごい速さ(といっても速さは手加減次第なんですが)でペーパーに切り込みを入れていくことができます。
以前のフリンジャーは切り込む深さと、幅が固定だったのですが、少し前には切り込む深さや幅を自由に調節できるものも出てきました。
ただ、今のところフリンジャーは外国製のものしかなく、けっこういいお値段することと、深さと幅を調節できる方はちょっとトラブルが多いことが難点です。
日本でもっとクイリングがはやれば、性能がよくてもう少しリーズナブルなフリンジャーが出てくるんじゃないかなあとひそかに期待をよせています。
JUGEMテーマ:クイリング
*************** 遊びにきてね ***************
QUILLINGCUBE
ホームページ

| comments(0) | trackbacks(0) | クイリング:ツール |
どうすればいい?クイリング 〜 その他道具編 〜
巻くツールの他、クイリングをする上で必要となるものをご紹介します。

まずピンセット。
小さなパーツを「ここに貼りたい!」と思う場所へ貼るには必須です。
このピンセット、私は100円ショップのとげ抜きを使っています。
先がとがっていてとても使いやすいです。


定規。
クイリングはまだどうしても海外のものが多いので、そのうちきっと海外のキットや海外の本を手にすることになるかと思います。
そのとき、ほとんどのものはセンチではなくインチで書かれていますので、換算していただいてもいいのですができればインチとセンチが載っている定規を持っておくととても便利です。

コルクボード。(+待ち針)
なぜコルクボードや待ち針が必要になってくるかというと、パーツの中心をずらしたりループというパーツを作ったりするときに使うからです。

コルクボードは100円ショップにも売っていますが、クイリング専用のコルクボードもあります。
クイリング用のものには巻いたペーパーをはめることのできるいろんな大きさの穴があり、統一した大きさのパーツを作ることができます。
JUGEMテーマ:クイリング


*************** 遊びにきてね ***************
QUILLINGCUBE
ホームページ

| comments(0) | trackbacks(0) | クイリング:ツール |
どうすればいい?クイリング 〜 ツール編 〜
クイリングを始めるにあたって、やはりどうしても持っておいたほうがいいだろうと思われるのが、スロットツールです。
スロットツールとはペーパーを巻くときに使うもので、先が割れていてペーパーをそこにはさんで巻けるようになっているため、初めてクイリングをされる方には必ず持っていていただきたいツールの1つです。
このスロットツールは、ペーパーと同様大手文具店や大型手芸店、Webショップなどで購入することができます。
このツール、海外製のものが多いのですが、日本のクイリング界の巨匠、日名子豊美先生が考案されたものもあります。
紙をはさんで巻くという点については同じなのですが、先端がとても細くなっていて仕上がりが非常に美しいのです。

中心の穴の大きさが全く違うのがおわかりになるでしょうか。
クイリングを続けていると、だんだんこの巻き始めの部分がいろいろと気になってくるのです。
海外の方には、中心の空間を消すべく待ち針で巻いている方や指で巻きなおす方もいらっしゃるとか。

そしてツールにはもう1つニードルと呼ばれるものもあります。これは名前のとおり目打ちが細くなったぐらいの太さをもつ針状のツールです。
昔、鳥の羽の先で巻いていたことに由来するクイリングですから、上記のスロットツールは後から出てきた便利ツールといったところでしょうね。
スロットツールは紙をはさむのでどうしても巻き始めにがくっと折り目がつきます。
その点、ニードルで巻くと巻き始めがなめらかです。

左がスロットツールで巻いたもの、右がニードルで巻いたものです。
ニードルはこの他、いくつかの基本パーツを作るときに使うのでこちらも必ず必要になってきます。
JUGEMテーマ:クイリング


*************** 遊びにきてね ***************
QUILLINGCUBE
ホームページ

| comments(0) | trackbacks(0) | クイリング:ツール |
どうすればいい?クイリング 〜 はさみ編 〜
クイリングを楽しむようになって、私の通っている教室内で永遠のテーマの1つともなっているほど、はさみの種類、使い方によって仕上がりの違いがこんなに大きいんだ、ということに気づかされました。
ペーパーの幅が狭いことや、フリンジといってこまかく1ミリ間隔ぐらいに紙を切っていったりするので、やはり通常のはさみよりはクラフト用のはさみ、もしくは先がとがったはさみが使いやすいと思います。
そして同じ先がとがったはさみでも、メーカーによって全く切れ味が違うのです。
それは特に先ほどあげたフリンジを作るときに如実にでます。
お手持ちのはさみでそのへんの紙を1ミリ間隔ぐらいにちょんちょんと切ってみるとおわかりになると思うのですが、はさみの切る力が強すぎるのか微妙に切った先がよれるものが多いのです。
これまでにいくつかはさみを使わせていただいて、この紙のよれが全くなかったのが、
アルスコーポレーション株式会社さんのクラフトチョキ
カール事務器株式会社さんのクラフトシザース
です。
普通のはさみよりちょっとお値段がはるかもしれませんが、もしクイリングやその他クラフトペーパーに興味をお持ちで今後も長く楽しみそうだ、という方にはオススメです。
《どっちがよりいいのか》は一概には言えません。前者の方が好きだという人もいるし、後者の方が私には使いやすい、という人もいるからです。
これだけじゃなくて、他にも「私には」これが使いやすいんだというmyはさみが出てくる人は多いようです。
「こんなすごいはさみでなくていい」と言う方は、とりあえず100円ショップのものから始めてみるといいと思います。
でも、だんだん「もっときれいに切りたい」という欲望は絶対といっていいほど出てくるんですが・・・イヒヒ
JUGEMテーマ:クイリング


*************** 遊びにきてね ***************
QUILLINGCUBE
ホームページ

| comments(0) | trackbacks(0) | クイリング:ツール |
どうすればいい?クイリング 〜 ボンド編 〜
ここから数日に渡って、クイリングを始めるにあたってどのようなものをそろえていけばいいのかご紹介していこうと思います。
今日はボンドについてです。
なんでもいいといえばなんでもいいのですが、作業のやりやすさや、仕上がりがボンドによってずいぶん変わってきます。
「たかがボンド、されどボンド」です。
スティックのりではなく、木工用ボンドをお使いになることをオススメします。
しかも速乾性のものがいいと思います。
本格的にクイリングをやってみようという方には、日本のメーカーさんだとヤマトさんから専用ののりも出ています。
さらにおすすめなのは、海外のクイリングペーパーを作っているメーカーさんが出している専用ボンドです。
これらのボンドが、普通の木工用ボンドとどう違うかというと、つけたときの伸びが全く違います。
木工用ボンドはやはり専用ボンドに比べるともったりした感じが否めません。

ボンドを使って糊付けをしていくときですが、直接容器からボンドをつけるとものすごい量が出てしまい、ボンドがはみだしてしまうことが多々あります。
ボンドは透明ですが、やはり乾くとキラキラ光るので、「あーここ、ボンドがはみ出ているなあ」と気になってしまいます。
ですので一度つまようじなどで少しすくってからそれをつけていくことをオススメします。
クイリングニードルの先にボンドをつけて貼っている方もけっこういらっしゃいますが、これをすると数年後にニードルがさびてくるそうで、そうなるともったいないのでニードルではなく、つまようじなどをお使いになった方がよさそうですよ。
JUGEMテーマ:クイリング


*************** 遊びにきてね ***************
QUILLINGCUBE
ホームページ

| comments(0) | trackbacks(0) | クイリング:ツール |
どうすればいい?クイリング 〜 ペーパー編 〜
クイリングを始めたいなあ、と思っても一体道具とか材料とかどこに売ってて、どう揃えていったらいいんだろう、と思われる方も多いようで、ペーパーなどはよくわからないのでしばらく自分で大きな紙を買ってきて切ってました、という方のお話をちらほら聞きます。
私はすぐにネットで調べましたが、たしかによくわからないですよね。
柄を出したいというのであれば、わざと包装紙など切って巻いてもおもしろいとは思いますが大きな紙をまっすぐに、しかも3mmや6mmといった幅にきれいに切るのは大変だと思いますし、一応クイリングペーパーとして売られているペーパーは中性紙のものばかりで、酸化しにくい(おひさまに当たっていても色あせしにくい)という利点があります。
せっかく作った作品ならできることなら色あせしない方がいいですよね。
ここに一部ですが、ペーパーを取り扱っているお店についてピックアップしておきます。
国内のものがいい、という方には
ヤマト
(ヤマトのペーパーは、大手手芸店、大型文具店などで購入できます。大手ネットショッピングモールで検索してもたくさん出てくると思います)

紙の温度
ネットオーダーもOKです。

または、やっぱりクイリングの歴史が長い海外のものがいい、という方には
お取り扱いしているネットショップでお買い物されるといいと思います。
海外のペーパーで有名なものは、
LakeCityCrafts社
QuilledCreations社
Paplin's社
などです(ほんの一部です)。
会社によって、キラキラ輝くゴールドやラメでコーティングしてあるもの、パールがかったもの、グラデーションが入ったものなどおもしろいペーパーを出しているのでいろいろ探してみてください。
海外のペーパーをご購入されるなら、たとえばこちらのお店でどうぞ。
JUGEMテーマ:クイリング


*************** 遊びにきてね ***************
QUILLINGCUBE
ホームページ

| comments(0) | trackbacks(0) | クイリング:ツール |
| 1/1PAGES |